コンセプト

四ツ井キモノデザインの重要なコンセプトは「着物はファッションである」という事です。友禅染という技術は江戸時代に考案されました。なぜこのような技術が生まれたのでしょうか。友禅染が出現するまでは女性の着物に絵を描く際、主に刺繍を用いていました。しかし刺繍はとても手間がかかる作業である事と、豪華に描くほど重くなるという2点で裕福な家以外は一般的で無いものでした。そこで出現した友禅染は軽やかさと作業工程が短時間であることにより安価で出来上がる。そして華やかで自由な表現ができることで友禅染は飛躍的に世の中の女性を魅了しました。今でもそうですが衣類は軽やかにであるに越したことはありませんね。四ツ井キモノデザインの友禅染は友禅染が出現した当時のように女性が嬉しくなるようなファッショナブルで着る事が楽しくなる事を第一に考えて制作されています。